海外携帯・スマートフォンニュース

海外携帯・スマートフォンニュース

Huawei「P20」と「P20 Pro」は、中国ナンバーワンシェアを誇るスマートフォンの巨人が、満を持して送り込むニューモデルです。
 
ライバルメーカーのハイエンドモデルがそうであるように、Huawei P20は最小限のベゼルしか持たないフルスクリーン機であり、
指紋認証を備え、人工知能の機能を利用することができる端末です。
最近発表されるスマートフォンには、A.I.ビューティー機能を装備していることが多いですが、P20とP20 Proに足りない最先端機能はそれぐらいかもしれません。しかも、それはこのハイスペックスマホを購入する層にアピールするフィーチャーではないことは明白です。
 
「P10」シリーズではLeicaのカメラを搭載して話題を呼んだHuaweiですが、またもスマートフォンファンを驚かせるスペックのマシンを投入してきました。
 
Huawei P20は「P10」を基本に作られた「優等生」。
Huawei P20 Proは、驚きのLeica超盛り
 
です。
 
Huawei P20
Huawei P20はP10に搭載されたデュアルLeicaカメラをそのまま受け継ぎました。
P10よりも明るいf/1.6というレンズと、より大きなセンサーを搭載しました。新しいバックグラウンド効果や、シーン認識などの機能が盛り込まれています。
 
Huawei P20 Pro
Huawei P20 Proは40MPのRGBセンサー、8MP望遠、そして20MPモノクロと装備したLeicaトリプルカメラを搭載しています。
これはもはやプロ仕様と言っても良いスペックを誇りますが、このP20 ProをA.I.とペアリングすることで、
「三脚無しの長時間露出ショット」などもできるパフォーマンスを発揮します。
 
カメラは解像度が高ければ「良いカメラ」というわけでは必ずしもありません。カメラの性能を決定づけるもの。それはやはりセンサーの大きさでしょう。
 
P20 ProはApple iPhone Xの2倍以上、そしてSamsung Galaxy S9の1.7倍という大きさのセンサーで、
これらのハイエンドスマホを寄せ付けない撮影能力を誇ります。
 
さらにカラー温度センサーを搭載したことにより、より正確なホワイトバランスを得ることができるようになりました。
 
また、Samsung Galaxyが得意としているスローモーションも、それを凌駕するような960fbsで実現。
ここまでのスペックが必要な人は「本当にプロだろう」と思わせるほどにシビアなスペックをほこっています。
 
なお、Huaweiからはもう1モデル、「Huawei Mate RS Porsche Design」も発表されています。
 

Huawei Mate RS Porsche Design

Mate RS Porsche Designはポルシェ・デザインなので全くデザインは異なりますが、基本、スペックはP20 Proと多くの共通点があります。
Mate RS Porsche Designには、他2モデルとは若干味付けが異なるセキュリティーフィーチャーが搭載されています。
これはダブル指紋認証と顔認証。顔認証は簡易なものですが、指紋認証は、ディスプレイ内と背面の2カ所に設置されています。
 
トリプルカメラといい、盛り込めるものはすべて盛り込んだ感もありますが、ゴージャスと言う以外に言葉が見つかりません。
 
ちなみにP20とP20 Proはディスプレイ上部にフロントカメラが格納されるノッチがありますが、ポルシェモデルはノッチを採用していません。

 
中国・スマホ購入

oppo(オッポ)スマホ購入・日本

vivoスマホ購入・日本

日本でも使えるガラケー

Simを日本で購入

meizu スマホ

cat スマホ

海外 honor 購入

xiaomi(スマホ・タブレット)